東京・渋谷|古物商許可取得代行センター【渋谷駅より徒歩5分】

東京・渋谷|古物商許可取得代行センター 

 

『古物商の許可』とは?  古物商許可証

盗品混入のおそれがあるため、古物営業法により「古物の売買等」を行うには、営業所を管轄する都道府県公安委員会の許可が必要となります。

 

『古物商の許可』を取らずに「古物の売買等」をしてしまった場合はどうなりますか?

無許可営業(古物営業法第3条違反)として3年以下の懲役又は100万円以下の罰金(同法第31条第1号)に処せられる可能性があります。 

 


『古物』とは?

一度使用された物品、新品でも使用のために取引されたもの、若しくはこれらの物品に幾分の手入れをしたものをいいます。
そして、「古物」は古物営業法施行規則によって、次のとおり13品目に分けられています。

 @美術品類   A衣類   B時計・宝飾品類 
 C自動車   D自動二輪車及び原付   E自転車類 
 F写真機類  G事務機器類   H機械工具類
 I道具類  J皮革・ゴム製類品   K書籍
 L金券類     

 

自分で使用するために購入した物品を未使用でオークションやフリーマーケット等で売る場合にも『古物商の許可』が必要ですか?

自分で使用するために購入した物品は未使用でも「古物」に該当しますが、売却にあたり『古物商の許可』は不要です。

 

古物商許可申請に必要な書類は?(法人の場合)

T古物商許可申請書(正副2通)
U添付書類
   法人の登記事項証明書(履歴事項全部証明書)
   法人の定款
   住民票の写し(会社役員及び営業所の管理者)
   本籍地の市区町村発行の身分証明書(同上)
   東京法務局発行の登記されていないことの証明書(同上)
   略歴書(同上)
   誓約書(同上)
   営業所の賃貸契約書の写し(自己所有でない場合)
   プロバイダ等からの資料の写し(HPを開設し取引を行う場合)

※提出窓口によって上記以外の書類を要求される場合もありますので、管轄警察署との事前の打ち合わせが必要です。

 

 

古物商許可申請に必要な書類は?(個人事業主の場合)

T古物商許可申請書(正副2通)
U添付書類
   住民票の写し(事業主及び営業所の管理者)
   本籍地の市区町村発行の身分証明書(同上)
   東京法務局発行の登記されていないことの証明書(同上)
   略歴書(同上)
   誓約書(同上)
   営業所の賃貸借契約書の写し(自己所有でない場合)
   プロバイダ等からの資料の写し(HPを開設し取引を行う場合)

※提出窓口によって上記以外の書類を要求される場合もありますので、管轄警察署との事前の打ち合わせが必須です。

 

都道府県公安委員会に支払う手数料は?

古物商許可の場合、19,000円の手数料がかかります。

 

古物商許可申請書類の提出先はどこですか?

許可を出すのは東京都公安委員会ですが、申請書類の提出先は「営業所を管轄する警察署」となります。 

 


誰でも古物商許可を受けられますか?

次に該当する方は、許可を受ける事ができません。
@成年被後見人、被保佐人又は破産者で復権を得ない者
A特定の犯罪を犯し罰金刑、その他の犯罪を犯し禁錮以上の刑に処せられ、5年を経過しない者
B住居の定まらない者
C古物商許可を取消されてから、5年を経過しない者
D営業に関して成年者と同一の能力を有しない未成年者

 

当センターは、東京23区内に営業所(事務所)を置くお客様限定で、
法人(株式会社・特例有限会社)の
古物商許可申請を
報酬
120,000円(税抜)
個人事業主の古物商許可申請を
報酬
100,000円(税抜)
で代行を承ります。
慣れない書類を集めるのは想像以上に大変ですし、書類不備のために平日昼間に何度も警察署にいく事になってしまうかもしれません。
面倒な古物商許可申請手続きは当事務所にお任せいただき、お客様は本業で利益を上げることに専念してください。

 

※上記報酬以外に郵送料や交通費等の実費がかかります。お見積りは無料ですので、お気軽にお問合せください。

※古物商許可申請に必要な「住民票の写し(本籍地・世帯全員記載)」「本籍地の市区町村発行の身分証明書」「登記されていないことの証明書」は、お客様ご自身での取得をお願いしておりますが、定額小為替や郵送費等の実費と1通につき2,000円(税抜) の報酬で取得代行を承ります。

※法人で古物商許可を取得する場合、事業目的に「古物の売買業」「○○○の買取、販売」「○○○の売買」などの古物営業を営むことがわかる記載が必要となります。

※提出する会社定款は、履歴事項全部証明書(会社謄本)に対応している必要があります。

 

cut-bell.rogo.jpg

電話03−6416−4990 
 平日:9時30分〜18時30分まで対応 


→ 「お問合せ・お申込み」は、お電話または「お問い合わせ・お申込み」フォームにてお気軽にどうぞ。


お問合せ or お申込み(必須)
お問合せ
お申込み
氏名又は名称(必須)

(例:渋谷 太郎)
会社名

(例:株式会社カットベル)
部署名

(例:総務部)
メールアドレス(必須)

(例:xxxxx@yahoo.co.jp)
半角でお願いします。
メールアドレス(確認)(必須)

(例:xxxxx@yahoo.co.jp)
半角でお願いします。
連絡先電話番号

(例:090-1234-5678)
半角でお願いします。
古物商許可申請者区分(必須)
個人
法人
監査役を含めた役員数(法人の場合)
1名
2名
3名
4名以上
営業所の設置(必須)
しない
する
営業所住所(設置しない場合には自宅住所又は本店住所)(必須)

(例:東京都渋谷区神南町1-1-1パラシオン神南ビル5階)
取り扱う古物の種類(必須)
美術品類
衣類
時計・宝飾品類
自動車
自動二輪車・原付
自転車類
写真機類
事務機器類
機械工具類
道具類
皮革・ゴム製類品
書籍
金券類
住民票取得代行(必須)
利用しない
利用する
(注:住民登録地の市区町村発行の証明書)
身分証明書取得代行(必須)
利用しない
利用する
(注:本籍地の市区町村発行の証明書)
登記されていないことの証明書取得代行(必須)
利用しない
利用する
(注:法務局発行の証明書)
コメント
※2500 文字以内でお願いします

内容をご確認の上、よろしければ下記ボタンをクリックして下さい。

(上記ボタンを押した後、次の画面がでるまで、4〜5秒かかりますので、続けて2回押さないようにお願いいたします。)

入力がうまくいかない場合は、上記内容をご記入の上、メールにてお申込ください。